読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JOGL 導入メモ

自分がやったことの記録なので情報としては不十分かも知れない。

https://jogamp.org/ から Current のリンク https://jogamp.org/deployment/jogamp-current/archive/ へ入って、gluegen-javadoc.7z, jogamp-all-platforms.7z, jogl-javadoc.7z をとってくる。(現時点のバージョンは 2.3.2)

ホームディレクトリで

% mkdir jogl-2.3.2
% cd jogl-2.3.2
% mkdir jar javadoc lib src

とする。ホームに戻ってgluegen-javadoc.7z, jogl-javadoc.7z を解凍してできた gluegen, jogljogl-2.3.2/javadoc にコピーする。

次に jogamp-all-platforms.7z を解凍して https://jogamp.org/wiki/index.php/Downloading_and_installing_JOGL を参考にして、必要なファイルを jogl-2.3.2 以下に作成したディレクトリにコピーする。

mac の場合は jogamp-all-platforms/jar から

gluegen-rt-natives-macosx-universal.jar
gluegen-rt.jar
jogl-all-natives-macosx-universal.jar
jogl-all.jar

jogl-2.3.2/jar にコピー。 jogamp-all-platforms/lib/macosx-universal から

libgluegen-rt.jnilib
libjogl_desktop.jnilib
libnativewindow_awt.jnilib
libnativewindow_macosx.jnilib
libnewt.jnilib

jogl-2.3.2/lib にコピー。 jogamp-all-platforms/ から

gluegen-java-src.zip
jogl-java-src.zip

jogl-2.3.2/src にコピー。

サンプルコードを動かしてみる。

参考 https://jogamp.org/wiki/index.php/Using_JOGL_in_AWT_SWT_and_Swing

ホームディレクトリにいるとして、参考ページの一番最初の Base class のコードを OneTriangle.java として保存、次の JOGL in AWT のコードを OneTriangleAWT.java として保存。

ターミナルでコンパイルするには、クラスパスを指定して

% javac -cp .:$HOME/jogl-2.3.2/jar/gluegen-rt.jar:$HOME/jogl-2.3.2/jar/jogl-all.jar OneTriangle.java OneTriangleAWT.java

とする。実行するには

% java -cp .:$HOME/jogl-2.3.2/jar/gluegen-rt.jar:$HOME/jogl-2.3.2/jar/jogl-all.jar OneTriangleAWT

とする。三角形が表示されれば合格。